北海道室蘭市増市町   

室蘭八景・銀屏風   

1
絞り優先(補正値:-2/3),F=16,1/30秒,ISO=250,焦点距離:f=24mm(Full Size),  by EIJI NIMURA

 測量山観光道路を絵鞆岬からハルカラモイへ向かう途中に一瞬見える絶景。 アイヌ語でチヌイェピラ(彫刻のある崖)といわれているそうです。 この辺り一帯の断崖が銀屏風と言われています。夕日に照らされて銀色に輝くそうです。 また、ここからでも見事な絶景ですが、海から眺める景色が室蘭八景の一つだそうです。

 駐車場はありませんので、路肩の広い場所に注意して停車して下さい。

スポットの地図

写真をクリックすると精細写真を表示します。
何度かクリックすると元の表示に戻ります。
3
絞り優先,F=16,1/30秒,ISO=250,焦点距離:f=24mm(Full Size),by EIJI NIMURA

ここが、銀屏風

0
絞り優先(補正値:-2/3),F=16,1/30秒,ISO=250,焦点距離:f=24mm(Full Size),by EIJI NIMURA

足下の草の下は断崖絶壁。一帯の断崖は、夕日に照らされると銀色に輝くそうです。

2
絞り優先(補正値:-2/3),F=16,1/40秒,ISO=320,焦点距離:f=32mm(Full Size),by EIJI NIMURA

足下の白い花がアクセントに…。

4
絞り優先(補正値:+2/3),F=16,1/30秒,ISO=320,焦点距離:f=16mm(Full Size),by EIJI NIMURA

気を付けていないと通り過ぎてしまいます。駐車場はありません。

近くのスポット